100ZEROトップお問い合わせ

電気自動車などに向けた経産省の補助金、減額対象となる車もあり 2013/6/4

【工藤隆治】三菱自動車の電気自動車用バッテリーが発火するなどしたトラブルで、同社は4日、スポーツ用多目的車「アウトランダー」など3車種、計4428台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

対象は、モーターとエンジンを併用する「アウトランダーPHEV」4313台と、電気自動車の「アイミーブ」「ミニキャブミーブ」計115台で、2009年7月から13年3月の製造分。

国交省によると、バッテリー内部の電池(セル)の異物検査の工程で、電池に加える振動を規定の4倍の強さに設定していたほか、1メートルほどの高さから落とした不良品を出荷した。内部が傷ついてショートし、電池が溶けて走れなくなったり、充電できなくなったりするという。

掲載元:http://www.asahi.com/business/update/0604/TKY201306040281.html

Comments are closed.

コンバージョンEV
EV充電
非常用電源・家庭用蓄電池のあんしん電源