100ZEROトップお問い合わせ

外環道沿道に道の駅整備へ 市川市が15年度末 2013/6/15

市川市は、市内で整備が進む東京外郭環状道路(外環道)の沿道(国道298号)に「道の駅」を整備する。市内の外環道は二〇一五年度末に供用開始予定で、同時期のオープンを目指す。
建設予定地は、同市国分六の民有地(一・五ヘクタール)。市立東国分中学の東側に位置し、近くに外環道の市川北インターチェンジができる予定。国道からの出入りを想定し、高速道路部分から直接の出入りはできない。
二十四時間利用可能な休憩所のほか、レストランや、特産品を販売する売店を設ける予定。貯水タンクや非常用トイレ、非常用電源など防災機能も備える。
現在はほとんどが畑で、市は一四年度に実施設計と用地買収、一五年度に施工する。事業費は未定で、オープン後の管理運営は民間事業者に委託する。(村上一樹)

掲載元:http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20130615/CK2013061502000133.html

Comments are closed.

コンバージョンEV
EV充電
非常用電源・家庭用蓄電池のあんしん電源