100ZEROトップお問い合わせ

電動車両の開発

特殊な電動車両の開発

コンバージョンEVなど、特殊な電動車両を開発しております。

コンバージョンEV(Conversion Electric Vehicle)とは、内燃機関(エンジン)で走る自動車からエンジンや排気管、ガソリンタンクなどを取り外して、代わりにモーター、バッテリーなどを載せ、100%電気で走るように転換(コンバート)した電気自動車のことです。

いつくしんで使い続けるという選択。

新車を手に入れるというのは、ある意味、簡単なことです。
注文してお金を払えば、持って来てくれます。カタログ通りの、みんなと同じものを。

共に走り続けたクルマには、特別の価値がある、と私たちは考えます。
最初はありきたりの工業製品だったかも知れませんが、時を経て特別な一台になるのです。

もちろん、古くなったクルマには、あちこちガタが来ます。
でも、そうなったら傷んだところを換えてあげればよい。

EVにコンバートすると、古いエンジンは降ろされて、新しくモーターが載せられます。
身体で言えば心臓が新しくなったようなものですから、また元気よく走り出します。
主要な構造部分は、まだまだシッカリしたものです。

いつくしんで使い続けながら、やっていることは最先端。
本当に新しいのは、この選択ではないでしょうか。

愛車がコンバージョンEVとして生まれ変わります

ひとつ換えると、ひとつ良くなる。

いま、ガソリン軽自動車のオーナーが一人、自分のクルマを電気自動車にコンバートしたとします。
すると、そのクルマの内燃機関(ガソリン・エンジン)から
大気中に排出されていた年間およそ1.8tのCO2がなくなります。*1
これは、約130本のスギの木が吸収してくれる二酸化炭素量に相当します。

もちろん、電気自動車が使う電気の発電には石化燃料も使われています。
しかし、その分を差し引いてもCO2排出量は1/3に減少します。*2

決して小さな量ではない上、さらに素晴らしいのは、オーナーが決断すれば、
その1台分直接、継続的に、大気への排出量を減らせることです。

EVにコンバートされるクルマがひとつ増えるごとに、
地球環境への影響がひとつずつ減っていきます。

誰か他の人が決めるわけではなく、命令を受けるわけでもありません。
決めるのは、クルマのオーナー、おひとり、おひとりです。

オーナーの決断で、環境が1つ良くなります